在宅介護でトイレの世話をする場合に実践しておきたいこと

トイレに行く時間をだいたい把握する

在宅介護をしている場合には、当然トイレの世話も必要になります。このトイレの世話は、非常に大変です。一緒にトイレに向かうまでも大変ですが、場合によっては漏らしてしまう可能性もありますから、そうならないようにするには、前もってトイレに行くタイミングを見計らっておいて、毎日このくらいの時間帯とか、ペースでトイレに向かっているというデータをとって、それに合わせてトイレに行かないか?と声をかけていくと、洩らすケースも減るでしょう。

トイレに行きたくないときであっても連れて行く

トイレにまだ行く気がないという状況であっても、前回のトイレから数時間くらい経ったならば、連れていてみると、案外尿は出ますよ。というか、意識していないと尿が溜まっていても尿意として感じられないのですが、尿を出すことに意識が向くと、結構尿意を感じやすくなります。だから、トイレに行きたいという気持ちがなくても、前回のトイレから割と時間が経ったときにトイレに行かないか?と声をかけて、一緒に連れて行くと良いのではないでしょうか?

便利なポータブルトイレを用意しておく

ポータブルトイレという、移動可能な簡易トイレがあります。これをあらかじめ用意しておくと、もしかしたら自力でも可能かもしれません。それを介護される人の近くに常に置いておくと良いでしょう。ただし、そういったものばかりに頼っていると、足腰を使わなくなってしまいますから、できるだけ距離のあるトイレに向かった方が良いですが、万が一漏らしてしまいそうな場合や一緒に歩いていくのが厳しいと感じた場合には、こういったものを置いておくと便利ですね。

体の健康はもちろん、心の健康も介護予防につながります。日常生活のサポートをしながら、心身の健康を支えるやりがいのある介護の求人です。