こんなところが見られている!保育士採用のポイント3選

実習経験よりも子育て経験!?

保育士の求人では、資格を持っていることが大前提になっていますが、資格の取り方には2通りあります。1つは、保育士養成学校を卒業して資格を取得すること。学校の単位に必要なので、保育園での実習を経験している人たちです。もう1つは保育士試験に合格した人たち。実習経験がないので、採用試験に不利と思われがちですが、もし子育て経験があるならば、全く心配はいりません!子育て経験のあるママを保育園は求めているので、社会復帰を考えるママにはこの資格はうってつけなんです。

子供より保護者の相手のほうが大変!?

保育士とは子供のお世話をする仕事である印象がとても強いと思いますが、実は、保護者への保育指導も大事な仕事です。保育園での子供の様子を保護者にきちんと伝えることも大事ですから、コミュニケーション能力は絶対的に必要です。ですから、ほかのお仕事でも一度社会人経験を積んだ人たちのほうが、採用試験では評価が高くなることもあります。若い人の場合は、保育の現場以外でのアルバイト経験など、コミュニケーションの力を発揮した経験をアピールできるといいですね。

とにかく忙しい保育園では段取りが命!

保育園ではやることがとってもたくさんあります。掃除もその1つ。子供たちが安全に快適に、そして安心して過ごすためには掃除がとっても大切ですよね。保護者の人だけでなく、同じ保育園で働く保育士とのコミュニケーションも重要。また、季節を感じる保育のイベントなども企画しなければいけません。あれもこれも、とお仕事が続くので要領よくこなすことも必要です。バイトや家事などで培った段取り力を、面接試験などでもアピールするとよいでしょう。

今、保育園の求人が増えていることはご存知ですか?入れ替わりが激しい職業ですので、常に求人が募集されています。